ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間が、ゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログです。

恋愛中だからできた恥ずかしい事『ギターを弾き語る』昼間にご近所さんに褒められたのはオレです

 f:id:mikujin2198:20170909053031p:plain


まぁ恥をさらすから…そんな顔になりますよね。

昔の恋愛話を書いていたら、いろんなことを思い出したんですよ。

楽しいこと、悲しいこと、怒ったこと等々。

その中からなぜか、『今考えると恥ずかしいこと』を書いてみたいと思いました。

なんでこれ書こうと思ったんだろ…謎だ。

作詞・作曲をする

これはオレが28歳くらいの時の話になります。

当時付き合って間もない彼女がいました。

 

彼女の誕生日が近かったオレは、誕生日プレゼントに何が欲しいのか聞きました。

欲しくないものをもらうのは嫌かなーと思うので、プレゼントは聞く派なんです。

 

彼女「あなたがくれるものならなんでも嬉しいよ。いてくれるだけで幸せ!」

 

オレ「うぉぉ…じゃあ何か考えてみる!」

 

やはり付き合いたてですね。

付き合いが長いとなかなかこんなセリフ出てこなくなるものです。

付き合って初期の頃って、会うだけで楽しいし、相手のことばっかり考えちゃうし、全てがハッピーに思える。

当時のオレも、たぶん彼女もそんな感じでした。

 

しかし、いざなんでもいいと言われると何も思い付かない…。

ほんとに付き合って間もないので、好みとかも全部把握できていなかったのです。

 

散々考えた結果、オレが選んだプレゼントは、

『オリジナル曲をギターで弾き語る』

 

うわぁ…やめろぉぉぉぉ!!

 

今の自分が当時の自分を止められたら、絶対に止めますね。

もうそれ、一番恥ずかしいやつだよ!

何か物にしといて!!

 

高校生くらいからアコースティックギターをちまちまと練習していたので、上手くはないけど弾き語りは少しできたのです。

彼女の誕生日まで約2週間、オレことミクジンの作詞・作曲の作業がはじまりました。

 

歌詞を載せたかったんですが、紛失してしまったので載せられませんでした。

残念なような、良かったような…。

まぁでも想像通り、めちゃくちゃ恥ずかしい内容に仕上がってましたね。

 

彼女をベランダへ呼び出す

作詞・作曲をなんとか終え、リハーサルもバカみたいにしました。

 

ただ問題がひとつ。

どこでお披露目しよう?

 

そう考えて、なぜあの場所と時間を選んだのかよく覚えてないんですよ。

その場所と時間というのが、彼女のアパートの下で、歌うのは昼間でした。

 

彼女は2階立てのアパートの2階に住んでいたので、彼女をベランダに呼び出して、自分は1階から彼女を見上げる形で歌おうとしたんですね。

 

正気ではないですよ、これは。

 

誕生日当日は平日で、歌おうとしてた時間は昼間。

その時間、他の部屋の住人が仕事でいないのは確認してたんだけど…それでもご近所さんは分からないだろっ!

昼間だぞっ!気付け!

 

あの時の自分にそう言いたい。

恋は盲目というのは本当なんですね。

 

そして誕生日当日。

その日は彼女のアパートに迎えに行き、一緒にデートをして夕食を食べる予定にしていました。

 

盲目状態のオレは30分程早くアパートに行き、電話で彼女をベランダに呼び出したのです。

 

スポンサーリンク

 

 

拍手される

ギターを抱えて彼女に、ベランダに出て下を見て!と電話。

もう心臓が破裂しそうなくらい緊張したのを覚えてます。

ベランダから顔を出す彼女。

 

彼女「え?え?どうしたのちょっと」

 

オレ「誕生日プレゼントに歌を作りました。聞いてください」

 

なぜか敬語になるオレ。

そしてギターを弾きながら歌い始めました。

えぇ…おっきい声で歌っちゃいましたよ。

あぁ、ここで歌詞を載せたかった…。

 

歌っている間、たぶん恥ずかしいのと緊張で目を閉じてたんだと思います。

そして歌い終わって彼女を見上げました。

 

パチパチパチパチパチパチ…。

 

拍手が聞こえたけど、彼女は目を押さえて泣いている様子。

 

あれ?

何この拍手…。

 

なんと、オレの周りには3組の母と子供がいて、みんなで拍手をしていました。

 

母「上手だったよ!」

 

ほめられた…。

あぁもうあれは恥ずかしかった。

歌詞の内容と歌だけでも恥ずかしいのに、近所の親子にまで聞かれてほめられて…。

あぁだめだ恥ずかしい。

恋は盲目より、モザイクの方がいい。

 

彼女が目を押さえていたのが、嬉しくて泣いていたのか、恥ずかしくて見てられなかったのかは今だに分かりません。