ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間が、ゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログです。

【Switch版ドラクエビルダーズ日記19】ゴーレムの配下とのバトルで町のおじさんたちが魔物に見えた

f:id:mikujin2198:20180305232828j:plain

どうも!

寝ぐせのなおらないミクジンです。

前回は『メルキドシールド』を作っておっさんに報告していたら地ひびきが起こったところまで書きました。

前回はこちら↓

www.mikujin2198.com

一応見る前の注意点ですが、登場キャラの一部にオレが付けたあだ名で呼んでいる人がいますので「あれ?」と思っても気にしないでくださいすいません。

※『ロッシ』→『ズウズウッシ』など

ではつづきをやっていきます。

『メルキドシールド』を置いてみる

地ひびきが起こったあと、一旦会話が終わってズウズウッシに『戦闘』のマークが。


f:id:mikujin2198:20180324203358j:image

これ話しかけたらゴーレムと戦うのかな?

でも待てよ、まだ『メルキドシールド』設置してないぞ。そうだ、話しかける前に設置してみよう。

というわけでまずは『メルキドシールド』を設置してみることに。


f:id:mikujin2198:20180324203632j:image

でけぇっ!

持ってみると思ったよりでかい。

どこに置けばいいんだこれ…。


f:id:mikujin2198:20180324204006j:image

迷った末に、町の入り口の『はがねのまもり』の前に設置。

置いたあとにAボタンで簡単に回収できるみたい。

ここでいいのかな…すごい不安。


f:id:mikujin2198:20180324204319j:image

そして念のために『まほうの玉』を24個用意。これだけあればゴーレムといえども倒せるだろ!

町を破壊しないように気を付けながら戦わないとなぁ。

 

ゴーレムの配下とのバトル1

f:id:mikujin2198:20180324204622j:image

ズウズウッシに話しかけると、ゴーレムが目覚めたんだと言い出す。まずはゴーレム本体ではなく、配下の魔物が来るみたい。

最初は配下か。

『メルキドシールド』役に立つかな。


f:id:mikujin2198:20180324204907j:image

最後の戦いの前にズウズウッシは言う。

「ゴーレムはメルキドを滅ぼしたんじゃない。メルキドを守るために自分の意思で人間を滅ぼしたんだ」

一体どういうことなんだろう?

続きは戦いが終わったら聞かせてくれるらしい。

よーし、絶対に勝つ!


f:id:mikujin2198:20180324205341j:image

バトルスタート!


f:id:mikujin2198:20180324205833j:image

い、意味ねぇぇ!

『はがねのまもり』が順調に敵を倒していくのはいいが、設置しておいた『メルキドシールド』はまったく意味なし。

どう考えても使い方が違うな...まあいいや、そういえばまだ説明ないし、そのうち分かるだろ。

とりあえず回収することにした。


f:id:mikujin2198:20180324210539j:image

敵の数が多く、あちこちから侵入しようとしてくるので、『はがねのまもり』で倒しきれない魔物は直接攻撃をしかける。


f:id:mikujin2198:20180324210631j:image

はぁぁあああ!?

なんだか説得力に欠けるよ!

まぁいいや、無視!


f:id:mikujin2198:20180324210825j:image

魔物の軍勢の隊長が現れる!

隊長は『はがねのまもり』や石垣を破壊してしまうので、こちらも直接攻撃して素早く倒さねば!

もう燃やされながら修理するのは嫌っ!


f:id:mikujin2198:20180324211130j:image

そして隊長を撃破!

まだゴーレムは現れないみたいだな。


f:id:mikujin2198:20180324211552j:image

くっ!

すました顔で歩きおって!

戦闘が終わると再びズウズウッシに『戦闘』のマークが出ているのを発見。

戦闘が何回か続くってことか。

 

スポンサーリンク

 

 

ゴーレムの配下とのバトル2

f:id:mikujin2198:20180324212339j:image

ズウズウッシに話しかけると、さっきの話の続きを聞かせてくれた。

かつてメルキドの人たちは『おおきづちの里』の先にあった城をシェルターとして立てこもり、竜王の軍団と戦おうとした。だけど閉鎖された城塞で暮らすうちに、人間たちは最低の争いをはじめてしまった。限られた食料を奪い、ささいなことで憎しみあうさまは地獄絵図だったらしい。

そんな時、メルキドの守り神であるゴーレムは人間こそメルキドの敵だと判断してしまったそうだ。

 

そして話を聞いているうちに、またもやゴーレムの配下が襲ってきた!

 
f:id:mikujin2198:20180324213331j:image

まだゴーレムじゃないのかよ!

バトルスタート!


f:id:mikujin2198:20180324213514j:image

いきなり隊長!?

今回は初っぱなから隊長が登場。

すでに石垣を破壊されているので、慌てて攻撃を開始!


f:id:mikujin2198:20180324213755j:image

ものすごい大混戦。

一度石垣を壊されてしまうと魔物が次々と町に侵入してくるので、もう『はがねのまもり』どころじゃない。

直接戦うのみ!


f:id:mikujin2198:20180324214049j:image

なんとか撃破!

さっきより敵が少なくてよかった。

めんどうだけど念のためチャチャッと石垣をなおしておいた。

さぁ次ぃ!

 

ゴーレムの配下とのバトル3

 ズウズウッシにまたもや『戦闘』マークが出ていたのでさっそく話かける。


f:id:mikujin2198:20180324215151j:image

再びメルキドに町を発展させようとしている人間を見て、メルキドを守るためにもう一度人間を滅ぼそうとしているというゴーレム。

ゴーレムにとって人間は、竜王の軍団とさほど変わらなく見えたのかもしれないなぁ。

 
f:id:mikujin2198:20180324215747j:image

主人公が聞く。

そういえばメルキドが魔物に狙われていることを知りながら、なんだかんだ言っても逃げなかったのは不思議だった。

 
f:id:mikujin2198:20180324215918j:image

危険なのはズウズウッシも分かっていたらしい。でも町のみんなと暮らしてみて、人と暮らすのが楽しいことだと知ってしまったんだ、と彼は言った。


f:id:mikujin2198:20180324220051j:image

主人公に頼むズウズウッシ。

みんなの町を守ってくれ…か。

今までコソコソ隠れて何してんだと思ってたけど、町を思う気持ちはみんなと同じだったんだな。

分かったまかせろ!


f:id:mikujin2198:20180324220355j:image

バトルスタート!

やってやるぜぇぇぇ!


f:id:mikujin2198:20180324220629j:image

町のおじさんたちの勢いがすごい。

町を壊されないように、またもや直接攻撃。

 
f:id:mikujin2198:20180324221253j:image

こわっ!

敵が現れた瞬間に大声で笑いながら群がっていく町のおじさんたち。

どっちが魔物か分かんなくなってきた。


f:id:mikujin2198:20180324221609j:image

そして隊長が登場。

町のおじさんたちに囲まれた隊長がなぜか、少しかわいそうに見えた。


f:id:mikujin2198:20180324221856j:image

バトルに勝利したのはいいけど、勢いがすごすぎるよおじさんたち。

メルキド録の人と鍛冶屋の人は、そもそも普通戦わないような気がするんだが…。

まぁいいか!

次こそはゴーレムかな...?

 

次回へつづく。

www.mikujin2198.com