ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

『人生で初めて結婚したいと思った彼女との、出会いから別れ』最終回

f:id:mikujin2198:20171002181320p:plain

前回は行方不明だった彼女の兄が突然帰ってきたものの、親父に怒鳴られて追い出されたところまで書きました。

では続きを。

 

前回はこちら↓

www.mikujin2198.com

 

 

家を出てくれないか

さて、彼女の兄は親父によって怒鳴られて追い出されました。

家業を継ぐのが嫌で何年も行方不明だったわけだし、すでに跡継ぎ候補のオレが家に住み込んでいたので、それも当たり前の話だと思ってました。

ところがそれから2日程たったある日。

 

彼女は用事があって今日は外出。

オレが午前中に親父と牛の世話をしていると、母親が親父を呼びにきた。

 

母親「ちょっと来て」

 

親父は母親と一緒に家の方へ行きました。

お客さんかな?

そう思いながらオレは仕事をしていた。

昼になっても二人は戻ってこなかったので、オレはある程度仕事を終わらせてから昼飯を食べに家に戻りました。

 

ところが戻ってみると、茶の間には追い出されたはずの兄がいて両親と話をしていました。

親父はオレを見ると言いました。

 

親父「話がある。座ってくれ」

 

嫌な予感がしました。

追い出されたはずの兄がいる。

彼は正当な後継者だ。

今ここにいるということは、家に戻るのを許されたんじゃないのか?

もしそうなら…。

 

オレが座ると親父は話はじめました。

母親は苦い顔をしていた。

兄も。

 

親父「簡単に言う。こいつ(兄)が家に戻るのを許してやることにした。言いづらいんだが…やはりこいつに家を継がせたい。だから…家を出てくれないか

 

嫌な予感はやっぱり大当たり。

それを聞いた途端、今までずっとガマンして溜めこんでいた何かが爆発した。

 

オレ「はぁ?今さら何言ってんだ!?お前んちのために仕事も辞めて住む家もなくなったんだぞ!!オレをなんだと思ってんだ!!ふざけんなよてめぇ!!!」

 

人生で一番キレた瞬間かもしれない。

たぶん殺意ってアレを言うんだろうな。

キレ過ぎてよく覚えてないけど、親父に掴みかかったり殴ろうとしたのはなんとなく覚えてる。

母親と兄は止めに入ったような気がする。

本気でキレると記憶が飛ぶのですね。

 

あぁでも殺さなくてよかった。

あんなの殺して前科が付くなんてもったいねぇ。

 

親父は抵抗しなかったし、怒鳴り返すこともなかったような気がする。

ただ「すまねえ」と繰り返してたと思う。

気が付いたら、オレは作業着のまま家を飛び出してました。

 

彼女との別れ

家を飛び出して車を出したのはいいものの、どこにも行くところがなかった。

なんとなく、まだ仙台から通っていた頃に寝泊まりしていた公園の駐車場に車を止めた。

これまでにあったことがグルグルと頭の中を回って回って、気が付けば辺りはもう夜。

 

電話が鳴った。彼女からだった。

彼女は泣いていた。

 

彼女「聞いたよ。家を出てくれって言われたんだよね…ごめんね…ごめんね…」

 

彼女は繰り返し「ごめんね」と言いました。

それをなんとなく上の空で聞いていた。

何も考えたくなかった。

 

彼女「どこにいたの?今から行く」

 

彼女はそう言ったけど、一人でいたかったオレは断ってしまった。

今思えばこの時彼女に居場所を教えていれば、この後の展開が変わったのかもしれない。

もしかしたら今現在も。

 

彼女「そう…何かあったらすぐ電話してね。本当にごめんね…人生めちゃくちゃにしちゃったね…ごめんね」

 

そう言って彼女は電話を切った。

彼女が悪いんじゃない。

そんなことは分かっていたはずなのに。

この時のオレは何も考えられなかったし、何も言わなかった。

たぶん、それがいけなかった。

 

スポンサーリンク

 

 

その後しばらくまた頭の中がグルグルしていたけど、突然思い立った。

仙台に帰ろう、彼女と一緒に。

 

そうだ!

もう自由じゃないか。

よく考えたら婿に入らなくて済むってだけの話じゃん?

最低親父と一緒に住まなくてもいいんだから、万歳三唱するところだよ!

バンザーイバンザーイバンザーイ!!!

 

人間って不思議ですね。

突然考えがコロッと変わったりする。

よし、明日起きたら彼女に電話して言おう。

そして次の日、彼女に電話しました。

ところが…。

 

彼女「私となんか…一緒に行かない方がいいよ」

 

彼女はそう言いました。 

 

オレ「どうして?」

 

彼女「今までずっとあなたを苦しめてきたもん…これ以上私なんかといても…幸せになんかなれないよ」

 

彼女はだいぶ前から自分を責めて、精神的に不安定になっていました。

親を説得できないダメな自分、親を捨てることができないダメな自分、全てをオレに頼りきって甘えてしまっている自分は本当にダメなやつだ、というような話も聞いていました。

 

そのうえ昨日オレが彼女といるのを断ったことで、自分は支えることすらできないんだ、むしろいない方がいいんじゃないか、と考えてしまったようでした。

 

オレは彼女が大好きだったから自分がやりたいと思ったことをやっただけだし、そんなことひとつも思ってなかった。

ただ、わけが分からなくなって昨日は彼女のことを考えてあげられなかった。

 

長い時間話をしたけど、彼女のその考えは変わることはありませんでした。

そして彼女は言いました。

 

彼女「もう私のことは忘れた方がいいよ…別れよう…」

 

そこで一方的に電話を切られた。

何度も電話をかけたけど出ませんでした。

 

オレは泣きました。

もうマンガみたいに泣いた。

これまでやってきたことが、全て無意味になった瞬間でした。

 

仙台に帰る

ひとしきり泣いたあと考えました。

なんにもなくなった。

...とりあえず仙台に帰ろうかな。

そう思いましたが、荷物がまだあの忌々しい家に置いてあるのを思い出した。

二度と行きたくはなかったんだけど、そんなに多い荷物でもないし取りに行くことにした。

彼女と話せるかもしれないし。

 

家に行ってみたものの、仕事してるのか誰もいなかった。

仕方なく自分の荷物を車に積み、彼女に置き手紙を書きました。

 

「気持ちは変わらない。オレはお前がいないとダメなんだ。連絡待ってる」

 

そして、仙台へ向けて車を走らせました。

 

自分の親には仕事を辞めることも、彼女の家に住み込むことも言ってなかったので、そのまま実家に帰るわけには行きませんでした。

話がややこしいし、あまり心配をかけたくなかった。

 

まずは実家に仕事を1ヶ月後に辞めようと思ってることを伝え、その後実家に帰ると言いました。

 

その間は車で寝泊まりすることに。

 

仕事もないしやる気も起きなかった。

毎日死んだように眠り、起きるとパチンコ屋の休憩コーナーでマンガを読む日々。

腐ってたなぁ。

 

そんなある夜に、電話が鳴りました。

彼女からでした。

 

内容は、置き手紙の返事。

 

「自分の気持ちはたぶん変わらないし、もう迷惑はかけたくない」、と。

 

オレは別れたくなかったけど、彼女の気持ちが変わらないのが分かったし、逆にオレといることで彼女を苦しませることになるんじゃないかと思いました。

 

だからその日、正式に別れました。

 

そのまま5時間くらい電話したかな。

最初はお互いに泣いてたけど、これまでの楽しかった話をしたりして最後の方は笑って電話を切りました。

その後、1ヶ月経ったあたりでオレはとりあえず実家に戻りました。

 

最後に

別れって本当にツラいですよね。

別れる理由もいろいろありますが、オレの場合はたぶんお互いに好きなままの別れでした。

 

好きなのに別れるっておかしい気がするけど、好きだからこそ苦しくて、どうしようもなくなる時があるんですよね。

 

もしかしたら彼女の家を飛び出した夜、「どこにいたの?今から行く」と言われた時に彼女と会っていれば違った未来があったのかもしれません。

 

でもそれは後から分かることで、その時その瞬間には分からなかった。

人生はそんなことの繰り返しな気がします。

 

「あの時は精一杯やったんだから仕方ないよな」

 

後悔じゃなく、そんなふうに自分で思えるように、その時できることを精一杯やっていきたいなぁと思った今日この頃でした。

7回にわけた長い話になってしまいましたが、もしかして万が一読んでくれた方、ありがとうございました。

 

【関連記事】

www.mikujin2198.com