ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

【漫画の名言】リゼの言葉「どちらも選んでいるようで、どちらも見捨てている」『東京喰種』7巻

スポンサーリンク

東京喰種 7 (ヤングジャンプコミックス)

寝ぐせのなおらないミクジンです。

この記事は、漫画の名言から考えさせられたことを書き殴るシリーズです。

今回は『東京喰種』7巻からリゼがカネキに言った言葉です。

 

 

どちらも選んでるようで、どちらも見捨てている

「傷つけるより傷つけられる人に」

優しくて素敵ね…だからこんな目に逢う。

(中略)

あなたの母親もそう。

迷惑な姉の要求を無視していれば過労で死ぬこともなかったかも。

どちらも選んでいるようで、どちらも見捨てている。

母親も子を愛しているならあなたを選び、馬鹿姉は見捨てるべきだったわ。

(中略)

一方を捨ててでも、何かを守らなくちゃいけない時があるの。

あなたの母親はそれができなかった。

両方を救うどころか自らの命を失った。

それは「優しさ」じゃないわ。

ただ「弱いだけ」。

捨てる「覚悟(つよさ)」が足りなかった。

 

引用:石田スイ『東京喰種』7巻より

 

選べないのは意思が弱いだけ

リゼの言葉にはグサッときました。

大事な人が複数いれば、誰かを選んで誰かを捨てるなんてのはかなり難しいことだと思います。

たぶん全部うまくいくように考えて行動しようとするだろうし、そのために少しくらい自分が犠牲になってもかまわないと思う。

特に自分みたいに『優しい』と言われる人種は選ぶなんてことがそもそも頭にないので、犠牲になる方を選びがちな気がします。

気が付けば『犠牲になる』ことが美学だとでも言わんばかりな思考になってたりする。

 

でもよく考えると、本気で守りたいと思っているなら、守れるだけの能力が自分にあるか判断し、自分ができる範囲で守れるものを選択していかないといけないんですよね。

それができないと全部中途半端になって、結果的に何ひとつ守れなくなる。

なぜならそれは自分に能力がないから。

残るのは『自分が犠牲になった』という自己満足や『こうなったのはあいつのせいだ』という怨みだけ。

いたたたた...身に覚えがありすぎる。

 

どれもこれも選びたいなら、そのくらい自分が強くなくちゃいけない。強くないなら選ばないといけない。

できもしないのに選べもしないのは、ただの意思が弱い欲張り野郎だということに気付かされました。

確かにそんなの『優しい』とは言えない。

 

スポンサーリンク

 

 

自分も欲張り野郎だった

20代前半だった頃の話。

自分は当時付き合っていた彼女も、彼女の家ともなんとかうまくいかないかとやってみたけど、結局どちらも失いました。

今思えば、本当に大事だった彼女のことをしっかり選んで見ていればいろんなことに気付けただろうし、気付けていれば今現在とはまったく違う未来になっていたと思います。

当時はがんばって全てをいい方向にと思っていたけど、そのせいで本当に見てなきゃいけなかったものを見落としてました。

結果はリゼの言う通りです。

どちらも選んでいるようで、どちらも見捨てているのと同じだった。

 

オレは『優しい』とよく言われます。

『優しい』のは基本的に悪いことじゃないと思うけど、そのせいで選べないのは悪いことだと思います。

選ばなかったせいですべてを失わないように、これからはガンガン選んでしっかり守れるようにしたいなぁと思いました。

すべてを失うよりは、自分で選んだ方が何倍もマシですからね。