ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

【漫画の名言】タツヤの言葉「なら…それは、ただのトランシーバーさ」『うしおととら』3巻

スポンサーリンク

うしおととら(3) (少年サンデーコミックス)

寝ぐせのなおらないミクジンです。

この記事は、漫画の名言から考えさせられたことを書き殴るシリーズです。

今回の漫画の名言は『うしおととら』3巻から、タツヤの言葉です。

 

 

なら…それは、ただのトランシーバーさ

タツヤは小学生の男の子です。

彼は2年前の小学2年の時に母親を亡くしてからひねくれて友達も作らず、いたずらばかりするようになりました。

母親の形見のトランシーバーを2つ大切に持っていたタツヤでしたが、妖怪に襲われ1つをなくしてしまいます。

そこで同じく母親のいないうしおに「オレと一緒に母ちゃんにいいとこみせようぜ!」と言われたタツヤは勇気を振り絞って現状に立ち向かいます。

そんなタツヤが最後に言った言葉です。

 

タツヤ「にいちゃん…ボク…母ちゃんにいいトコみせたかな…?これ…あげる」

 

うしお「これ…って、おまえ一個ヘビの中でなくしてるから、これオレにくれたら母ちゃんのレシーバーなくなっちまうだろう」

 

タツヤ「母ちゃんはボクのこと…みてるんだね…なら…それは、ただのトランシーバーさ」

 

引用

藤田和日郎『うしおととら』3巻

 

あの部屋にはもういない

故人の形見は大切なものだと思います。

亡くなったなんてすぐに受け入れられるもんじゃないし、だからこそ本人だと思って形見を大切にしたりします。

 

オレもこの記事を書いてる数年前に母ちゃんを亡くしましたが、うちの実家はまだ母ちゃんの部屋がそのままになっています。

まだ亡くなるには若すぎたと思うし、別れが突然すぎてまだ受け入れることができていない部分もあります。

父ちゃんが、母ちゃんの遺品を今だに整理できないのも当然だと思う。

 

職場から病院が近かったので、亡くなる前は毎日のように病室に行ってました。

だから病院のあの部屋に行けば、母ちゃんがまだいるような気がします。

でもタツヤの言葉を聞いて思いました。

そうか、あの部屋に行っても母ちゃんはもういないんだよなぁって。

 

あの部屋にはもういないけど、心配性だからきっとどっかで見守ってる。

だから母ちゃんに心配かけないようにしなくちゃなんないなと思いました。いつまでもウダウダしてたらたぶん怒られるよなーと。

 

ただの部屋だ

たぶん、そんなふうに思えないと時間は止まったまんま進まないんです。

だからタツヤはこのままじゃダメだと思い、大切なトランシーバーをあえて「ただのトランシーバー」と言ったんじゃないのかな。

大切なのは本当は物じゃなくて、その人が残してくれた「想い」なんだと思います。

オレもあの部屋を「ただの部屋だ」だと言えるようになんなきゃなぁ。

タツヤに負けてらんねぇ。

 

大切な人との別れ。

すぐには受け入れられないけど、いつかは「あの人の分まで人生楽しんでやるぜ」って思えたらいいですね。