ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

【懐かしの曲】ドラマ「聖龍伝説」ED曲『OUT OF FIELDS ~ある風景と風の描写~』THE POSTMEN(ザ ポストマン)

スポンサーリンク

OUT OF FIELDS 〜ある風景と風の描写

どうも。

寝ぐせのなおらないミクジンです。

オレが大好きなのに、周りに知ってる人が誰もいない曲を一方的に紹介するシリーズ。

今回は、安達祐実主演のドラマ『聖龍伝説』のエンディングテーマだった曲です。

【OUT OF FIELDS ~ある風景と風の描写~】

THE POSTMEN(ザ ポストマン)という、男性二人組のグループが歌う曲です。

曲はともかく、ドラマはなんとなしに覚えてる人もいるんじゃないでしょうか。

…頼む、

誰か覚えててくれ!

 

 

OUT OF FIELDS ~ある風景と風の描写~


OUT OF FIELDS ~ある風景と風の描写~ - The Postmen

 

う~ん、ミュージックビデオくらいあるかなーと思いきや、テレビに出演した時の映像しか発見できませんでした…フルバージョンを見たかったんだけどな。 

ピアノから始まるイントロ。哀愁が漂う歌詞と、ギターサウンド。何かに葛藤しているような、でもそれに立ち向かう力強さを感じる曲です。

もう聞いた瞬間に好きになりました。

二人とも確かビートルズが好きで、テレビに出演した時に、「日本のビートルズになりたい」って言ってたのがなんとなく記憶に残ってます。

 

THE POSTMEN(ザ ポストマン)とは

男性二人組の音楽グループ…だと思っていたら、メンバーは全部で四人みたいですね。

 

メンバー

【初期メンバー】

山田 修(ボーカル・ギター)

木下 圭介(ボーカル・ベース)

 

【1997年加入】

神田 大介(ボーカル・ドラム)

 

【1998年加入】

神田 良二(ボーカル・ギター)

 

今回紹介した曲の発表時点では二人組でしたが、後に二人加入して最終的に四人のバンドになっていたとは知りませんでした。

 

活動期間

1996年~1998年

最終的に四人になっていたのを知らなかったのは、活動期間が2年だけという短さのせいかもしれません。

あんまり売れなかったのかなあ。

今回紹介した曲以外、テレビで見た記憶がないんですよね。新しい曲が出たら絶対に買おうと思ってたんだけど、当時はまったく情報が入らず…。

もっと売れて欲しかったバンドです。

 

スポンサーリンク

 

 

現在の活動

現在何をしているのかは、情報がまったく見つけられませんでした。

とにかくこのバンドは情報が少ない!

もしかしたら、音楽の道は歩まなかったのかもしれませんね。

でも今だにカラオケにも曲が入ってるし、歌詞情報も検索すれば出てくるので、自分が思ってるよりも知ってる人多いのかもしれないなーと思いました。

 

 

『聖龍伝説』のエンディングテーマだった

今回紹介した曲は、ドラマ『聖龍伝説』のエンディングテーマだったんですよね。

これは覚えてる人もいるんじゃないかな。

オレがこのドラマのエンディング曲だと知ったのは、音楽番組で曲を知ったあとだったんだけど...最初は「まじか」と思った記憶があります。

なんかいろいろと衝撃的なドラマだったもんで。

今考えても、曲とドラマの世界観が合ってたのかどうかはよく分かりませんよダンナ…。

 

『聖龍伝説』ってなに?

安達祐実主演のドラマ。

簡単に言うと、拳法で戦うやつですね。

【あらすじ】

伝説の拳法『聖龍拳』の伝承者、冴木聖羅は伝説の秘宝『天使の涙』の鍵となる5つの水晶をめぐって、聖龍拳と対なす拳法『幻龍拳』の刺客たちと戦っていく。

 

引用:聖龍伝説 - Wikipedia

 

youtu.be

 

古いけど映像ありました。

いや~今見ても思いますね。

まじか。

もうそれしか感想が思い浮かばないぜ。

日本でもこんなドラマがあったとはね…。

なぜか、安達祐実が『来来キョンシーズ』のテンテンに見えてくるのはオレだけでしょうか。

ちなみに安達祐実が演じる主人公、冴木聖羅には決め台詞があるそうです。

「さあ、懺悔の時間だよ」

なんか…決め台詞好きだな安達祐実!

でもチャレンジ魂がすごいなーと思うので、一回全部見てみたい気がしないでもない。

 

最後に

懐かしい曲を調べると、それにくっついて他にもいろんな情報が出てきておもしろいですね。 

すっかり忘れてた当時の自分のことも思い出すし、なんだか卒業アルバムでも開いているような感覚になります。

ずいぶん月日は流れたけど、この曲を聞いて、また初心に帰って楽しく過ごそうっと!

しかし今だにCDが手に入るAmazon...すげえな。