ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

【漫画の名言】鳴海の言葉「オレの心が言ったのよ」『からくりサーカス』19巻

スポンサーリンク

からくりサーカス(19) (少年サンデーコミックス)

寝ぐせのなおらないミクジンです。

この記事は、オレが漫画の名言から考えさせられたことを思うままに書きなぐるという自分勝手なシリーズです。

今回は藤田和日郎さんの漫画『からくりサーカス』19巻から、鳴海の言葉を聞いて思ったことを書きなぐってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

「オレの心が言ったのよ」

この巻で鳴海たちは、敵の策略により仲間同士で戦わなければならない状況になります。

戦って勝った者ひとりだけが生き残って先に進めるという状況に、仕方なく仲間も鳴海に「さあ、やろうか」と言います。

 

f:id:mikujin2198:20181009205801j:image

しかし鳴海は戦いを拒否し、仲間に「あんたが出て行けばいいさ」と言い放ちます。

 

自分が行かずに残るということは『死ぬ』ということになりますが、鳴海は「死ぬ気なんざねえよ」と言います。

鳴海の考えが分からない仲間は、鳴海が死を選んでいるとしか思えず「なぜなのだ」と聞くのですが、その時に鳴海は言いました。

 

f:id:mikujin2198:20181009194958j:image

自分の命はもはや、自分だけのものではないことは分かっている。

だから自ら死を選ぶつもりはないし、今死ぬわけにはいかない。

だけど敵の言いなりになって仲間と戦い、もし勝ってしまったら、仲間を失うだけでなくその家族をも悲しませることになる。

 

f:id:mikujin2198:20181009205154j:image

どうしたらいいのか分からない状況の中で鳴海が出した答えは、仲間と戦うことでも自ら死を選ぶことでもなく、自分の心で考え、自分の心が言ったことに従うことでした。

それはつまり「誰にも泣いて欲しくない」という、敵の出してきた選択肢にはない、自分がそうしたいと思った答えです。

 

この鳴海の出した答え、なんだかすごく分かる気がしたんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

自分の心は分かる

人間生きていると、いろいろと選択を迫られる場面に出くわします。

じっくり考える時間がないことも、何が正解なのか分からないことも、そして選びたくても選べないことも多くあります。

そんな時に必要なのは、鳴海が言うように「自分の心が言った」ことに従うことなのかもしれません。

 

数学なんかの問題と違って、正解が決まっていることなんてそうはありません。

どんなに考えても、うまくいくかなんてやってみなければ分からないんですよね。

選んだ答えが正解かどうかは結果を見てみないことには分からない。

もしかしたら結果を見ても分からないことだってあるかもしれません。

 

でもやる前から分かることがあります。

それは「自分はどうしたいのか」という自分の気持ちです。

 

せめて後悔のないように

『からくりサーカス』とは全然関係ないですが、オレは前に付き合っていた彼女に浮気されたことがあります。

その時に「別れたくない」と言われて、別れるべきか許すべきかものすごく迷いました。

ブログなどでいろいろと体験談を見たり、人に聞いたりもしましたが、この問題は本当に正解がなくて苦しかった。

 

だけど最後「自分はどうしたいのか」って考えた時に、こんなことをされても「まだ好きなのかも」と思ったんです。

 

好きでないなら迷うことなんかない。

ちょうどいい機会だし別れればいいはずだ。

 

でも自分は迷っている。

それはなぜろう?

 

また浮気されるんじゃないか。

もう信じられないんじゃないか。

もとの関係には戻れないんじゃないか。

それが心配だから。

 

じゃあもし今後それらが大丈夫なら?

浮気を許してやり直したい。

たぶんまだ好きだから。

 

....そんなふうに考えると、結局オレの場合は「まだ好きなのかもしれない。やり直してみたい」というのが答えだと気付きました。

すごく簡単なことだったんです。

 

それを選んで正解なのかどうかも分からないし、鳴海と同じで「なぜだ」と言われて答えられるようなちゃんとしたワケなんてありません。

強いて言えば「自分がそうしたかったから」ということだけです。

 

まぁ結果だけを言えば、1度許してやり直してみたものの、1ヶ月も経たずにまた浮気されて別れたんですけどね...。

 

でもやり直したことに後悔はありません。

なぜなら「自分がそうしたかった」ことをやった結果だからです。

 

これがもし自分の心の声を聞かずに1度目の浮気で別れてしまっていたら、絶対に後悔していたと思います。

まだ好きかもしれないのに、やり直すチャンスすら潰してしまうわけですから。

 

だからせめて後悔しないように、答えが分からない時は自分がしたいと思ったことをするべきなんじゃないかと思います。

 

自分を信じてやりたい

正解なんて、あとから考えてみた時の人それぞれの評価なだけで、人によって正解にも不正解にもなったりします。

だから悩んだ時、迷った時は「自分はどうしたいのか」と自分に聞いてみるのもいいかもしれません。

 

そうすれば結果はどうあれ、少なくとも「やりたいと思ったことをやれなかった」という後悔はしなくて済みます。

何が正解なのか分からないなら、せめてやりたいようにやってやんよ!ってな気持ちで突撃したいもんだなぁと思いました。

 

「オレの心が言ったのよ」

そう言った鳴海みたいに、自分のことを信じてやれる人間になりたいなぁ。