ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

【漫画の名言】鳴海の言葉「おとなしくかっこつけてあきらめんな」『からくりサーカス』1巻

スポンサーリンク

からくりサーカス(1) (少年サンデーコミックス)

寝ぐせのなおらないミクジンです。

この記事は、オレが漫画の名言から考えさせられたことを思うままに書きなぐるという自分勝手なシリーズです。

今回は藤田和日郎さんの漫画『からくりサーカス』1巻から、鳴海の言葉を聞いて思ったことを書きなぐってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

「おとなしくかっこつけてあきらめんな」

この巻で鳴海(なるみ)は謎の人形に追われる少年、勝(まさる)と出会い、なんとか助けようとしますが、襲いくる人形の攻撃に傷付けられてしまいます。

このままでは自分だけでなく、自分のせいで鳴海まで死んでしまうかもしれない...。

勝は泣きながら言いました。

 

f:id:mikujin2198:20181011222544j:image

しかし勝の言葉を聞いた鳴海は言います。

 

f:id:mikujin2198:20181011223326j:image

この場面を初めて見た時、めちゃくちゃ泣いてしまったんですよね...。

ちくしょう。

 

オレもおとなしくかっこつけてあきらめてた

オレも本当に悩んだ時、落ち込んだ時なんかに、最初から「仕方ない」とか「自分がガマンすれば丸く収まる」とか考えてあきらめてしまうことがありました。

 

思い浮かぶのはいじめを受けてた時。

特に小学生の頃の自分は、親にも言えず、先生にも言えずに毎日学校に行くのが憂鬱で仕方がなかった。

 

心配をかけたくないという気持ちがあったり、言ってもどうにもならないと勝手に思い込んだりして自分の中にしまい込んでしまってたんですよね。

でもそうしていると、どんどん自分で自分を追い詰めていくことになります。

 

小学校のような小さな世界でも、子供にとってはそれが世界のすべてです。

何ひとつ吐き出さなければ、異物はどんどん心の中に溜まっていく。

溜まりに溜まって満杯になってしまったら、もう何も入らなくなってしまう。

 

最初からあきらめて溜めることしか選択肢が分からないと、最後はどうしようもない世界から自分を消すしかなくなります。

そうしないと苦しさは消えないと思い込んでしまう。

 

本当は自分が消えるんじゃなく、違う世界に行く選択肢もあるし、誰かの助けを借りて世界を変える選択肢もあるし、溜めたものを思い切り吐き出してやる選択肢もあるはず。

だけどそれに気付けない。

 

それはやっぱり、おとなしくかっこつけてあきらめたからだと思うんです。

これは大人でもあると思う。

 

絶対にあきらめてやらねえ

あんなにひどかった小学生の頃のいじめは、ある日突然なくなりました。

キッカケはオレがキレたことです。

 

なぜキレたのかは自分でも全然覚えてないんですが、主犯格の少年にいじめられていた時に突然キレて思い切り泣かせてやりました。

それからはピタリといじめがなくなった。

あんなにどうしようもないと思ってたことが、あっさり解決したんです。

 

たまたまオレはキレることができていじめがなくなりましたが、あきらめたままでキレることもできないでいたらどうなっていたか、今でも分かりません。

 

だから初めて鳴海のあの言葉を見た時にはめちゃくちゃ泣いてしまいました。

あの時のことを鮮明に思い出すと同時に、あの時にこそ聞きたかった言葉。

 

人生いろいろあるけど、キツい時には「助けて」とどなり、腹が立ったら思いっきり悪態をついて、絶対にあきらめてやらねえ。

おとなしくかっこつけてあきらめんのはもうやめだ。