ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

【ドラクエビルダーズ2】最初の島『からっぽ島』をやってみた感想とおもしろかったところダイジェスト

スポンサーリンク

f:id:mikujin2198:20190101165602j:image

寝ぐせのなおらないミクジンです。

導入部に引き続き、物語のはじまり『からっぽ島編』をやってみたので、おもしろかったところを感想を織り交ぜた簡単なダイジェストでお届けしたいと思います。

より感情移入するため、今回はなるべく主人公目線から書いてみましたウフフ。

 

一応ですが、オレの目から見た物語ですので、これを見て気分が悪くなったという方がいた場合は…、

とにかくごめんなさい。

 

↓この記事の前はこちら

www.mikujin2198.com

 

ちなみにネタバレも含まれますので、これからプレイしたいと思っている方はご注意を!

※記事内のTwitter動画はすべて再生できます。

 

 

はじまりの無人島

f:id:mikujin2198:20190101170042j:image

f:id:mikujin2198:20190101170052j:image

目を覚ますと、オレは見知らぬ砂浜にいた。

嵐に飲み込まれたものの、なんとか命は助かったらしい。

他のみんなは無事なのか...。

周りを見渡したけど、そこにあるのは砂浜と岩とどこまでも続く海だけだった。

 

f:id:mikujin2198:20190101170817j:image

と思っていたら宝箱を発見。

一体何が入っているんだろう。

 

f:id:mikujin2198:20190101170855j:image

f:id:mikujin2198:20190101172533j:image

...昆布かよっ!

誰だよ入れたのわざわざ入れなくてもたくさんそこら中に落ちてるよ!

 

f:id:mikujin2198:20190101171213j:image

...と言いつつポケットにねじ込む。

もし腹が減った時には、これでなんぼかごまかせるかもしれない。

 

f:id:mikujin2198:20190101172134j:image

昆布をポケットにねじねじしていると、突然誰かに声をかけられて驚いた。

こんな何もない場所に誰だろう?

とはいえ誰もいないと思ってたので、第一島人を発見して少しだけ安心した。

 

激しい第一島人

f:id:mikujin2198:20190101172639j:image

ひとりでベラベラとしゃべり、イノシシみたいな勢いの彼は『シドー』という名前らしかった。

彼は船に乗ってなかったはず。

ここの住人なのだろうか?

 

f:id:mikujin2198:20190101172630j:image

よく分からないけど、

「おもしろいものを見せてやるからついてこい」

という彼について行ってみることにした。

おもしろいものってなんだろう。

 

f:id:mikujin2198:20190101173327j:image

............。

わ、笑えねええええええ

それ一緒に船に乗ってた人たちだよ!

何がおもしろいんだお前は!

サイコパスかこらっ!

 

f:id:mikujin2198:20190101173838j:image

よかった!

シドーのサイコパスぶりに震えていると、女子がまだ生きていることが判明。

生存者がいたなんて...素直に嬉しかった。

 

f:id:mikujin2198:20190101174125j:image

はああああああ?

お前が楽になれ。

 

激しい生存者

f:id:mikujin2198:20190101174405j:image

f:id:mikujin2198:20190101174728j:image

f:id:mikujin2198:20190101213039j:image

............。

無事に目覚めたものの、こちらが何か言う前からすでに激しい生き残り女子。

名前はルルというらしい。

この子は確か...。

 

f:id:mikujin2198:20190101213315j:image

あああそうだ。

船の牢屋の中でオレを乳くさ顔のお子さまと言ってた女子だ間違いない。

やっぱりこういう激しい子は生命力もすごいのねほんとびっくり。

でもまぁ生存者がいてよかった。

 

f:id:mikujin2198:20190101213454j:image

やめなさい。

すぐ物騒なこと言うのあなたの悪いクセよ。

 

f:id:mikujin2198:20190101213841j:image

え?

さっきまであんなにうるさく怯えていたのに、早くも強気な態度で攻めてくる女子。

無人島に流れ着いたのはオレの責任じゃないと思うんだけど...は?

 

f:id:mikujin2198:20190101214504j:image

f:id:mikujin2198:20190101214529j:image

f:id:mikujin2198:20190101214648j:image

要求多すぎ。

どんどん女子ペースで進んでいく展開。

オレがビルダーだと知ったとたん、次々といろんなものを要求してくる素早い女子。

 

f:id:mikujin2198:20190101215159j:image

シドーよく言ったあああ!

たまにはまともなことを言うじゃないか。

しかし...。

 

f:id:mikujin2198:20190101215405j:image

シドー負けるなああああ

なんか言い返してやれシドー!

 

f:id:mikujin2198:20190101221108j:image

シドー節きたあああああ

シドーがんばれえええええ!

 

 

f:id:mikujin2198:20190101215540j:image

聞いてねええええええ

 

 

f:id:mikujin2198:20190101215619j:image

ええ作れますよ...。

めんどくさいので思わず「はい」を選択してしまった主人公はオレです。

 

f:id:mikujin2198:20190101220813j:image

尻は青くないです。

 

物作り

f:id:mikujin2198:20190101221554j:image

なんやかんやでスタートした物作り。

要求されたのは、

  • 部屋
  • 食べ物
  • 寝床

さてどうしたものか...。

 

f:id:mikujin2198:20190101221749j:image

...え?

そのセリフを聞いて、なんかシドーがとてもいいやつに思えた。

サイコパスとか言ってごめんよ。

これからは仲良くやろうぜ!

 

部屋作り

f:id:mikujin2198:20190101222255j:image

まずは部屋作りだああああ

シドーとあちこちで素材集め。

そしてできた部屋が...。

 

f:id:mikujin2198:20190101223225j:image

f:id:mikujin2198:20190101222409j:image

暖かい松明の部屋。

これで夜も寒くないはず。

我ながらよくできたと思う自信作です。

 

ルルも暖かい部屋で喜びのあまりダンスを踊ってました。

大成功。

 

食べ物

f:id:mikujin2198:20190101223551j:image

お次はたき火を使った料理に挑戦。

 

f:id:mikujin2198:20190101223707j:image

浜辺で拾ってきたモモガイをたき火にぶっ込んであとは待つだけ...簡単なもんや!

そろそろ焼けるかな?

 

f:id:mikujin2198:20190101223850j:image

...え?

 

f:id:mikujin2198:20190101223936j:image

やつがきた。

ニオイで気付くとはなんて恐ろしい女子...!

 

f:id:mikujin2198:20190101224236j:image

f:id:mikujin2198:20190101224249j:image

ポジティブ...!

そこまでポジティブだともう勝てる気がしないとしか言いようがなかとです。

 

f:id:mikujin2198:20190101224831j:image

f:id:mikujin2198:20190101224922j:image

そういえば今まで忘れてたけど、シドーは記憶喪失らしい。

彼はどこからやってきたんだろう?

 

f:id:mikujin2198:20190101224854j:image

気まま...!

重要な話をしてたと思ったら今度は眠くなったと言い出すルル。

やはりシドーよりもこの子の方の激しさが何枚も上手のようだ。

 

寝床

f:id:mikujin2198:20190101233807j:image

速っ!

言いたいことを言ったらすぐさま戻るルル。

仕方ない、寝床作るか。

 

f:id:mikujin2198:20190101233916j:image

はいできた。

炎の中に並ぶわらベッド。

見栄えはまぁいいけど寝心地はどうかな?

 

f:id:mikujin2198:20190101234620j:image

...よく寝れるな。

オレも彼らのような激しさが欲しい。

 

焼きモモガイ盗難事件

f:id:mikujin2198:20190101234929j:image

翌朝、ルルが突然騒ぎ出した。

一体どうしたんだろう?

 

f:id:mikujin2198:20190101235423j:image

ははぁ...、

どうでもいいやつですね。

しかしこのあと事態は急展開を迎える。

 

f:id:mikujin2198:20190101235738j:image

f:id:mikujin2198:20190101235825j:image

f:id:mikujin2198:20190101235835j:image

突然おおきづちとおぼしきおおきづちが現れ、岩山を破壊したと思ったら現れる階段。

「あいつが焼きモモガイを盗った!」

と言い出すルル。

「こっちじゃぞい!」

と言いながら誘うおおきづち。

 

f:id:mikujin2198:20190102000254j:image

焼きモモガイのことはよく分からんけど、

「あいつなら島のことを知ってるかもしれない」

シドーがそう言うので、オレたちはおおきづちのことを追いかけてみることにした。

 

f:id:mikujin2198:20190102000658j:image

f:id:mikujin2198:20190102000723j:image

f:id:mikujin2198:20190102000734j:image

なんか憎たらしい...!

逃げんなおおきづちこらっ!

 

f:id:mikujin2198:20190102001134j:image

f:id:mikujin2198:20190102001159j:image

追いかけて追いかけて...雪国。

じゃなくて...たどり着いたのは神殿とおぼしき場所だった。

 

f:id:mikujin2198:20190102001523j:image

誰よりも先に追いつめるルル。

焼きモモガイの恨みが恐ろしすぎる。

...え?

 

f:id:mikujin2198:20190102001656j:image

おおおいルルゥウウウ!

オレが作った焼きモモガイそんなに大事だったなんて...さては君もいいやつだな?

 

神殿の修理をする

f:id:mikujin2198:20190102002724j:image

しろいおおきづち、略して『しろじい』に話を聞いてみると、焼きモモガイを盗ったのもビルダーのオレをこの場所に連れてきたかったからみたいだった。

長いことビルダーが来るのを待っていたらしく、神殿を修理してほしいらしい。

素直に最初からそう言ったらいいのに...。

 

f:id:mikujin2198:20190102003229j:image

はぁああああ?

ゆるみきった顔だと?

目にもの見せてやるよ!

 

f:id:mikujin2198:20190102004109j:image

せぇあああああああ!

 

f:id:mikujin2198:20190102003848j:image

ちょれえええええい!

 

f:id:mikujin2198:20190102003905j:image

はいできた。

見たかしろじいこらっ!

 

f:id:mikujin2198:20190102004256j:image

f:id:mikujin2198:20190102004340j:image

なぜ隙間に出た。

 

f:id:mikujin2198:20190102004528j:image

まぁ認めてくれたならいいけども。

 

しろじいのお礼

f:id:mikujin2198:20190102004939j:image

f:id:mikujin2198:20190102004750j:image

しろじいはお礼に、いろいろ壊して素材をゲットできる『おおきづち』をくれた。

これで今まで以上にいろいろぶっ壊せるようになるぞグヘヘへへ。

 

f:id:mikujin2198:20190102005306j:image

ええええ?

しろじいは『おおきづち』だけじゃなく、今いるこの島を丸ごと全部くれると言い出した。

 

f:id:mikujin2198:20190102005553j:image

この『からっぽ島』はかつてビルダーが夢をつめこもうとしたがすべてが失われ、何もなくなってしまった島。

しろじいは、島を物作りで満たしてくれるビルダーが現れるのを待っていたらしかった。

「そう言うお前何者なんだ?」

と聞くシドーにしろじいは、

「この島の神様的な妖精的なアレ」

とか適当なことを言っていた。

 

f:id:mikujin2198:20190102010323j:image

f:id:mikujin2198:20190102010343j:image

二人ともそう言うので、オレはこの島をもらうことに決めた。

何が作れるのかは分からないが...。

全力でやってみようと思った。

いや、みんなとならできると思ったんだ。

 

f:id:mikujin2198:20190102010744j:image

あ、それは嫌です。

 

f:id:mikujin2198:20190102010815j:image

それもどうかと思います。

早くも不安になってきた。

 

モンゾーラ島へ

f:id:mikujin2198:20190102011428j:image

不安を抱いた矢先にしろじいから、

「この島には素材ほとんどないよ」

と言われさらに不安になるオレ。

 

f:id:mikujin2198:20190102011310j:image

そこで、他の島から素材やともに開拓する仲間を探してきてほしいと言い出すしろじい。

それはいいけど、どうやって他の島に?

 

f:id:mikujin2198:20190102011818j:image

ドンピシャ...!

これ以上ないタイミングで島に船が!

オレたちはさっそく、船のところへ行ってみることにした。

 

f:id:mikujin2198:20190102012124j:image

え?

 

f:id:mikujin2198:20190102012335j:image

大魔王...?

ハクション的な大魔王的な方?

 

f:id:mikujin2198:20190102012547j:image

あ、人違いでしたごめんなさい。

話を聞いてみると、オレが乗ってたハーゴン教団の船の近くで同じく嵐に巻き込まれ、気付いたらここにいたそうな。

 

f:id:mikujin2198:20190102013317j:image

おやめなさい。

突然そんなこと言われても困るじゃないですかハクション大魔王が。

 

f:id:mikujin2198:20190102013503j:image

なんでそうなんの。

どんな理論でそうなったの。

国に帰る方法とか探さないの!?

 

f:id:mikujin2198:20190102013836j:image

そうですか。

止めませんよいいのですね?

 

f:id:mikujin2198:20190102014322j:image

f:id:mikujin2198:20190102014355j:image

............。

どんどん勝手に進んでいく話に、オレはただ見守ることしかできなかった。

ちなみにこのあと、知らないうちに行くことに決まったモンゾーラ島へは、オレとシドーで行くことになった。

ルルは嵐で船が沈没してから、船に乗るのが怖くなってしまったらしく残ることに。

 

f:id:mikujin2198:20190102014700j:image

こうしてオレとシドーはモンゾーラ島へ向けて出航した。

モンゾーラ島には農業の天才といわれる美女がいるというが...一体何が待ち受けているのか。

 

f:id:mikujin2198:20190102015147j:image

その顔やめろ。

感情がどれか分からないよハクション。

無事にモンゾーラに着くのかなこれ。

 

最後に

ここまで書いて読み直してみて思いました。

全然ダイジェストじゃねえ!

ダイジェストとか言っといてほとんどストーリーを書いてしまいましたねこれ。

それもこれも、ほぼ全部おもしろいところだったのが原因だと思われます。

 

まだ作れるものもほとんどない、物語の序盤の序盤でこのおもしろさはほんとに期待通りで嬉しい限りです。

これから新しい島でどんなことが起こるのか、ワクワクしながらまたゲームを進めたいと思いますウフフ。