ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

プルーム・エスの新フレーバー『メンソール・パープル』感想。クセがなくてちょうどいい味わいかも

スポンサーリンク

f:id:mikujin2198:20190724095321j:image

寝ぐせのなおらないミクジンです。

JTの高温加熱式たばこ用デバイス『プルーム・エス』で吸えるたばこに、新しい味が追加されました。

その名も『メンソール・パープル』

2019年8月5日より全国で販売開始になるみたいですが、運良く早めに手に入れることができたので、さっそく吸ってみた感想などを書いてみたいと思います。

 

 

開封と同時に広がるベリーの香り

f:id:mikujin2198:20190724100054j:image

ぬっ。

箱を開けるとすぐさま広がるベリーの香りがして、ホワッと気分になりました。

 

f:id:mikujin2198:20190724100754j:image

くんくんくん

たばこスティックの匂いを嗅いでみると、まるでブルーベリーガムのようないい香り。

吸いたいというか、もはや食べたいような気持ちになりますねこれは。

正式名称が『メビウス・メンソール・パープル・フォー・プルーム・エス』というわりにはメンソールの匂いはしませんでした。

一体どんな味なんだろう?

さっそく吸ってみたいと思います。

 

吸ってみた感想

f:id:mikujin2198:20190724101125j:image

ははぁ、なるほど。

加熱が終わって吸ってみると、一発目でしっかりとしたメンソールの味わいとほのかにベリーの香りが広がりました。

吸う前はベリーの香りが強そうなイメージがありましたが、実際に吸ってみると少し控えめな感じです。

ただそれが逆に、メンソールもベリーも同時に味わえるちょうどいい味わいになっている気がします。

 

アイコスの同じ系統のたばこを吸った時は、

「クセが強くてオレには無理だあああ」

となりましたが、これは吸えそうです。

うーん。

良い意味でクセがねえ。

メビウスらしい味だなぁと思いました。

 

フレーバー・マイクロ・チップ

今回吸ってみた『メビウス・メンソール・パープル・フォー・プルーム・エス』には、JT独自の新技術『フレーバー・マイクロ・チップ』が搭載されているそうです。

フレーバーを閉じ込めた極小チップがたばこ刻みの中に閉じ込められており、それらが熱に反応して香りを放ち、最後の一口まで香りを楽しめるとのこと。

 

うーむなるほど、確かに最後まで香りを楽しむことができた気がします。

『メビウス・メンソール・パープル・フォー・プルーム・エス』

相変わらず正式名称がなげえですが、良い意味でクセがなくて吸いやすいので、気分を変えたい時に吸いたくなりそうです。

 

 

f:id:mikujin2198:20190724105241j:image

ごちそうさまでした。

 

関連記事

www.mikujin2198.com