ミクジログ

のんびり適当ゲーム大好き人間がゲームをしながら書きたいことを書きなぐるブログ。黄色い生き物はキリンです。

【山形・秋田観光】道の駅むらやまと鳥海山・鉾立展望台【2019年夏】

スポンサーリンク

f:id:mikujin2198:20190818201736j:image

寝ぐせのなおらないミクジンです。

2019年8月14日(水)

お盆に休みが取れたので、地元の仙台を離れ、荷物もたいして持たずに車でふらっと山形県山形市へやってきました。

うーん、快晴で気持ちいい。

時間ができたり何かあった時にはなぜか車を走らせたくなる山形市。

昔住んでいたこともあり、ここは第2の故郷だと思うくらい大好きな場所です。

来ると初心を思い出すというか、いろいろこんがらがったものをリセットできるような気がするんですよね。

久しぶりのほぼノープランのぶらり旅。

さてこれからどこへ行こうかな。

 

道の駅『むらやま』へ

f:id:mikujin2198:20190815223847j:image

車を走らせていてお腹が空いたので、ふらっと道の駅『むらやま』に立ち寄りました。

あれ?むらやま?

気がついたら村山市まで来ていたみたい。

 

f:id:mikujin2198:20190815225010j:image

ああ...ですね。

ほぼ素通りですね山形市。

我が第2の故郷にして、こんがらがった心をほぐしてリセットしてくれる山形市。

大好きなのは決してウソじゃなくてほんとなんだけどなんというか...。

すまん、また今度な!

 

f:id:mikujin2198:20190816085006j:image

山形市に罪悪感を感じながら歩いて行くと、道の駅にかかる歩道橋には徳内ばやしという文字と写真が貼ってあるのを発見しました。

かっちょいいポーズだなぁ、一体どんなばやしなんだろう?

 

f:id:mikujin2198:20190816185520j:image

...と思いながらも一直線に店内へ入り、素早くそばと天ぷらのセットを注文。

うん、山形と言えばそば。

「山形へ来たらそばを食べなきゃ」

という我が想いがあふれました。

ワクワクしながら食べてみると、少し硬めのそばは歯ごたえがあり、天ぷらも衣がサクサクとしていてなかなかの美味しさ。

食べ終わる頃には満足感があふれ、同時に罪悪感がスンッと消えていったような気がしました。

 

『徳内ばやし』とは?

f:id:mikujin2198:20190816225725j:image

かっちょいいポーズが気になったので、徳内ばやしについてちょいと調べてみました。

『徳内ばやし』は山形県村山市で毎年8月の第4金曜〜日曜日の3日間開催される、むらやま徳内まつりのパレードで踊られているばやしのことみたいです。

『ばやし』でいいのかこれ?

むらやま徳内まつりの"徳内"は最上徳内からきている。最上徳内が北方への足がかりとして北海道厚岸町に活動の拠点をもったことが縁で、1991年に村山市は厚岸町と友好都市盟約を結び、厚岸町の厚岸囃子を元に徳内ばやしが誕生した。

引用:むらやま徳内まつり - Wikipedia

ちなみに最上徳内(もがみとくない)は江戸時代中期の探検家の男子のことだそう。

ずっととくうちだと思ってたよごめん。

江戸時代にも探検家がいたとはびっくりですね、すごいや徳内さん。

 

鳥海山 鉾立展望台

f:id:mikujin2198:20190816231359j:image

のどかだなぁ。

お腹も満たされ、徳内ばやしの謎も解けてルンルン気分で車を走らせます。

最初に「ほぼノープランの旅」と言いましたが、実は一ヶ所だけ絶対に行きたいなぁと思っていた場所がありました。

それが鳥海山鉾立展望台。

秋田県にかほ市にあるこの展望台は標高1,150mに位置し、日本海側の素晴らしい風景が見れるポイントです。

車で行けて駐車場も広く、駐車場から展望台がすぐ近くという素敵な場所なのですよ。

初めて行った時にはとんでもない絶景にすごく興奮したのを覚えてます。

またあの興奮が欲しいなぁ。

 

f:id:mikujin2198:20190817213811j:image

ふむふむ。

道の駅むらやまからは約2時間の道のり。

道中の風景なども楽しみたいので、高速道路は使わない感じで向かいました。

 

f:id:mikujin2198:20190817220022j:image

到着。

長時間の運転で正直が痛いですが、駐車場からすでに見えている日本海の景色にワクワクが止まりません。

 

f:id:mikujin2198:20190818163659j:image

展望台じゃなくてもすでに絶景の駐車場。

もうどこが海でどこが空なのやら...。

ちなみになぜここに来たかったのかというと、去年5月頃に来た時にはまだ雪が壁のようになっていて、しかも霧がとんでもなくて景色どころではなく、ただビビって帰ったという悲しい過去があったからです。

⬇︎去年来た時の写真

f:id:mikujin2198:20190817220954j:image

f:id:mikujin2198:20190817221646j:image

なんも見えねえ。

この時うっすら見えたのは、雪の壁と霧で怯える自分のみでした。

ちゃんと調べてから行かないといろいろ大変なことになることを知りましたね...。

そんなわけで、今回はちゃんと天気なども調べてきたのでリベンジです。

 

f:id:mikujin2198:20190817225330j:image

駐車場のすぐ近くには、象潟口登山ルートの入り口があります。

鉾立展望台はここを400mほど登ったところにあるそうなのですが、今回はやめておきました。

駐車場のすぐ脇にもすごい絶景ポイントがあるので、そっちを見ようと思ってたのです。

さぁいでよ絶景!

 

f:id:mikujin2198:20190817221235j:image

きたぁあああああ

とんでもない景色すぎて、もうとんでもないとしか言いようがねえです。

 

f:id:mikujin2198:20190817222910j:image

眼下には奈曽渓谷が見えます。

展望台の真下がこの風景なので、ものすごく高くて吸い込まれそうな感じがします。

 

f:id:mikujin2198:20190817223359j:image

遠くには日本海が丸見え。

海岸の地形や男鹿半島も見えます。

自分の目で今見ている景色なのになんだか信じられなくて、不思議な感覚になりますね。

あまりにも雄大で怖いほどです。

でも同時に、今自分が生きていることを実感させてくれるような気がしました。

来てよかったなぁ。

 

f:id:mikujin2198:20190817224450j:image

ふぅ。

興奮して小腹が空いたうえに暑いので、ソフトクリームでも食べたいなぁと思い、駐車場内にある施設に移動。

ストロベリーアイスを頼みました。

 

f:id:mikujin2198:20190817230351j:image

......。

 

f:id:mikujin2198:20190817230434j:image

ソフトクリームじゃない!

間違えたけど美味しかったです。

 

⬇︎つづきはこちら 

www.mikujin2198.com